新基地建設の本体工事に向けた沖縄防衛局と沖縄県の事前協議をめぐり、いったん取り下げるよう求めた県に対し、防衛局は「問題ない」として取り下げずに協議を進める考えを文書で回答した。新基地建設を阻止したい県として、新しい手続きに進む前に取り下げ要求で慎重姿勢を示したが、「見解の相違」で一蹴された形だ。