猛烈な台風13号は4日午後9時現在、沖ノ鳥島の南南東約200キロにあり、時速20キロで西北西に進んでいる。中心気圧は900ヘクトパスカル、中心付近の最大風速60メートル、最大瞬間風速85メートルで、強い勢力を保っている。7日に先島諸島に接近する恐れがある。進路と勢力次第では暴風などの特別警報が出る可能性がある。

台風13号(4日21時現在)

 中心から半径190キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。北側440キロ、南側330キロ以内が15メートル以上の強風域となっている。台風は7日、中心気圧915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速55メートル、最大瞬間風速75メートルになると予測されている。

 沖縄本島地方が暴風域に入る可能性は低いとみられる。ただ本島地方と大東島地方は6日、台風と太平洋高気圧の間の気圧差が大きく、強い風が吹く見込み。