政府と沖縄県は4日、名護市辺野古沿岸部で在日米軍が立ち入りを制限している区域での県の潜水調査に向けて、実施の際の取り決めなどを定めた協定を沖縄防衛局と米軍、県の3者間で結ぶ方向で調整に入った。県は協定締結後に調査の日程を固める方針だ。

 外務、防衛両省と県の職員は同日午後、那覇市の外務省施設で協定をめぐり協議した。