沖縄県と政府が、辺野古移設の作業を1カ月停止することで合意した。ただ、政府側には辺野古に替わる案を検討する気配はなく、別の負担軽減や沖縄振興策を打ち出すことで、県の理解を求める公算が大きい。作業を中断してまで県に丁寧に説明する期間を設けた、というアリバイづくりの懸念もある。