【石垣】石垣島天文台(宮地竹史所長)が、太陽の光が緑色に見える自然現象「グリーンフラッシュ」の日没前の撮影に成功した。通常は日没の瞬間に観測できる現象で、同天文台は「海外に少数の記録があるだけで珍しい事例」としている。

沈む前の太陽の上部の縁に緑色の光が見られた=7月31日午後7時29分(提供・石垣島天文台)

 グリーンフラッシュは空気が澄んだ日の日没、太陽光が大気で屈折して緑色に見える現象。7月31日に同天文台がある前勢岳から研究員が撮影。日没の瞬間は緑色に写らず、「撮れなかった」とあきらめていたが、日没前の画像を確認すると太陽の上部の縁が緑色になっていた。

 宮地所長は「31日の石垣島は満月がこれまでになく明るく見え、空気が非常に澄んでいた。その天候が珍しい現象を捉えた原因だと思う。職員みんなで驚いた」とうれしそうに語った。