翁長雄志知事は6日上京し、2016年度の概算要求に向け要請行動する。引き続き沖縄振興予算を3千億円台確保することなど6項目を要望する。6日は自民党本部や公明党本部などを訪問、7日には安倍晋三首相や山口俊一沖縄担当相らと面談する。翁長知事の国庫要請は就任後初めて。

国庫要請のポイント

 国庫要請は一括交付金の公共投資交付金(ハード交付金)で増額、特別推進交付金(ソフト交付金)で本年度並みの額を要望する。

 那覇空港滑走路の増設分と、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の拡充分は3千億円と別枠での確保を求める。

 鉄軌道の早期導入へ向けた関連経費の計上なども求める。

 政府は6月に示した経済財政運営の指針「骨太方針」に、「引き続き、国家戦略として、沖縄振興策を総合的・積極的に推進する」と明記している。

 15年度の沖縄振興予算は前年度から162億円減の3340億円だった。

 政府は4日、辺野古新基地建設の工事を中断し、県と基地問題について集中的に協議すると発表した。基地問題担当の安慶田光男副知事が要請に同行し、具体的な協議の日程を調整する見通し。