産廃大手の倉敷環境が産業廃棄物処分業などの許可を取り消された20日、同社にごみを運搬する業者や周辺住民には不安や困惑が広がった。一方、「ごみ山」の解決が進まない恐れがあることに、識者からは沖縄県の積極的な対応を求める声が上がった。