2017年(平成29年) 12月11日

沖縄タイムス+プラス ニュース

「ありがとう」具志堅用高さん弔辞 金城眞吉さん告別式、1500人が別れ

 沖縄県内高校ボクシングの指導者として延べ40人の全国王者を育て、16日に73歳で亡くなった金城眞吉さんの告別式が20日、那覇市天久の那覇葬祭会館本館で行われた。教え子や県内外のボクシング関係者ら約1500人が参列し、金城さんの冥福を祈った。

金城眞吉さんの告別式では、グローブを模した花々で祭壇が彩られた=20日、那覇葬祭会館本館

 会場には妻の故清子さんとの写真やユニホーム、新聞紙面などが展示され、金城さんの功績を紹介した。祭壇にはグローブとリングを模した花が飾られ、教え子たちは「人に勝つまえに自分に勝て」との金城さんの言葉を印刷したそろいのシャツを着用。最後は10カウントで別れを告げた。

 元プロ世界王者の具志堅用高さん(62)が「いまだに監督のミットの音が聞こえる。世界チャンピオンになった時の監督の喜んだ顔が忘れられない」と弔辞。何度も言葉を詰まらせながら「監督から教えられたことを守り、ボクシング界のために頑張っていきたい。金城眞吉監督、ありがとうございました。さようなら」と語り掛けた。

 喪主で次男の英樹さん(40)は「厳しい指導に耐え、一生懸命練習する教え子に恵まれたと話していた。遠い空に旅立つ時も多くの人に見送られ、幸せな生涯だったと思う」とあいさつした。

名伯楽のミット―ボクシング王国・沖縄金城眞吉の道
磯野 直
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 635,938

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間