産業廃棄物処理業の「倉敷環境」が20日に産廃処分業の許可を取り消されたことを受け、同社に産廃処理を委託していた事業者からは「県内では他に産廃の受け入れ先がない」と戸惑いが広がった。