倉敷環境の産廃処分業などの許可を沖縄県が取り消したことを受け、周辺住民らは環境汚染の原因をつくった同社への重い処分に納得する一方、ごみ山の処理計画の先行きが不透明なことに不安を漏らした。