気象庁によると、非常に強い台風13号は6日午前6時現在、日本の南にあって、時速約20キロで西北西に進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。台風は勢力を維持したまま、7日に先島諸島に接近する恐れがあるとして、気象庁は早めの台風対策を呼び掛けている。

台風13号の衛星写真=6日午前7時現在、気象庁HPから

台風13号の進路予想図=6日午前6時現在、気象庁HPから

台風13号の衛星写真=6日午前7時現在、気象庁HPから 台風13号の進路予想図=6日午前6時現在、気象庁HPから

 沖縄気象台によると、宮古島地方は6日夜から風が強まり、7日に強風域に入る見込み。八重山地方は7日から8日にかけ暴風域に入る見込み。

 一方、沖縄本島と大東島地方は強風域に入らないが、本州に猛暑をもたらしている高気圧と台風との気圧の傾きが大きいことから、6日は風速15メートル以上の強い風が吹く見込み。

 先島諸島では6日夜から次第に風が強まり、7日未明から宮古島地方が強風域に入る見込み。石垣島地方は7日昼過ぎから夕方、与那国島地方は夕方以降に暴風域に入る恐れがある。

 予想される最大風速(最大瞬間風速)は次の通り。

【6日】

 沖縄本島地方 東の風      15メートル(25メートル)

 大東島地方  東の風      15メートル(25メートル)

 宮古島地方  北東の風     17メートル(30メートル)

 八重山地方  北東の風     15メートル(25メートル)

【7日】

 沖縄本島地方 東または南東の風 15メートル(25メートル)

 宮古島地方  東の風      23メートル(35メートル)

 八重山地方  北東または東の風 25メートル(35メートル)

【タイムス+プラス編集部】