【東京】安慶田光男副知事は6日午後、首相官邸で菅義偉官房長官と会談し、沖縄県と政府による名護市辺野古の新基地建設問題の初協議を、早ければ11日にも県庁で開くことで合意した。1か月間で5回ほど協議の場を持つことも確認した。

 会談後、安慶田氏は記者団に「辺野古問題について互いに主張は違う。話し合いで解決できないか糸口を見いだしていきたい」と述べた。

 安慶田氏によると、菅氏は「国会の日程が許せば11日にも初協議の場を持ちたい」と語ったという。事務方だけの協議も実施する方針で、2回目以降は東京でも開催することを確認した。

 政府は新基地建設の作業を10日から9月9日までの1カ月間中断し、辺野古問題について県側と集中的に協議することを決めている。