沖縄県は7日午前、台風13号の接近で宮古・八重山地方に暴風警報が発令されたのに伴い、台風災害警戒本部(本部長・町田優知事公室長)を設置した。14の関係部局を集めて本会議を開き、台風の進路状況と今後の対策について確認した。

 池田竹州基地防災統括官は「台風は今後さらに先島諸島へ最接近が見込まれている。各部局緊張感を持って対応してほしい」と呼びかけた。