【八重山】台風13号が通過した八重山地方では8日朝、車両の横転や看板の飛散など暴風の爪痕が確認された。竹富町では上原地区の565世帯が断水している。

強風にあおられて横転した軽自動車=8日午前、沖縄県八重山合同庁舎

 石垣市真栄里の県八重山合同庁舎では車両が暴風を受けて180度横転。花壇を押しつぶした。

 7日夕に雑居ビルの外壁タイルが飛散した美崎町では、旅行業者の約5メートルの看板が歩道や車道に飛散した。

 与那国町では車の横転や民家のブロック塀の倒壊報告がある。大原中学校の仮設校舎のトタンが飛散したとの情報が町役場に入っている。

 8日午後10時半現在、石垣市と与那国町で計9人が自主避難している。

 石垣島と周辺離島を結ぶ高速船やフェリーは8日の全便が欠航。南ぬ島石垣空港は午前10時、24時間ぶりにゲートが開き、空港業務を再開した。石垣市内の路線バスも順次、運航を再開している。