【近畿総体取材班】全国高校総合体育大会第12日の8日、大阪府のマリンテニスパーク・北村で行われたテニス女子個人ダブルス決勝(3セットマッチ)で、リュー理沙マリー・西里夏子組(沖縄尚学)が大石真珠美・剱持梓(早稲田実業)を2―0で下し、初優勝を果たした。テニスの県勢優勝は、1995年以来20年ぶり。

女子ダブルスの優勝を決め、抱き合って喜ぶ沖尚の西里夏子(左)・リュー理沙マリー組=8日、大阪府・マリンテニスパーク・北村

 リューはシングルスも決勝に進み、準優勝だった。