【平安名純代・米国特約記者】米カリフォルニア州サンディエゴで米退役軍人ら約千人を擁する全米規模の市民団体「Veterans For Peace(VFP、平和のための退役軍人の会)」が開いた創立30周年を記念する総会で6日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐるワークショップが開かれた。

辺野古の現状を報告するエド・サンチェスさん(左)、東恩納琢磨市議(中央)、当真嗣清さん

 総会には、沖縄からエド・サンチェスさん(VFP)、名護市の東恩納琢磨市議、当真嗣清さん(琉球弧の先住民族会)らが参加。総会初日の冒頭で、東恩納市議が持参した稲嶺進市長の「新基地に反対する民意を貫くために連帯を」とのメッセージが読み上げられた。

 アン・ライト元陸軍大佐ら約30人の退役軍人らが参加したワークショップで、東恩納市議は同州バークレー市議会で提案されている辺野古反対を支援する決議案について触れ、「アメリカで辺野古を守る輪を広げたい。あなたが住む市に呼び掛け、バークレー市の提案を全米各市に広げてほしい」などと呼び掛けた。

 ワークショップでは、沖縄県内在住のダグラス・ラミス氏や吉川秀樹氏らのビデオレターも紹介。進行役を務めたサンチェス氏が沖縄支部の創設に向け準備を進めていることなども報告された。