沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、国頭村奥区が資材の海上搬送として奥港の使用に反対する決議を採択した。決議を想定していなかった沖縄防衛局は「出はなをくじかれた」(防衛省幹部)形で、奥港の不使用を含めた戦略の見直しを迫られた。