沖縄ツーリスト(OTS)は、やんばるの集落に伝わる豊年祭を一度に観賞できる「第1回やんばるの豊年祭」(主催・やんばるの豊年祭実行委員会)開催に伴い、12月3日に観賞バスツアーを実施する。本部町渡久地区に伝わる旗頭、名護市東江区のしゅんどう、大宜味村謝名城区の高砂など、やんばる7地区の12演目が名護市数久田公民館で観賞できる。

「第1回やんばるの豊年祭」開催に伴い観賞バスツアーを企画したOTSの花城正人さん(右)とガイドの赤瓦ちょーびんさん=沖縄タイムス社

 同社県内企画課の花城正人さんは「豊年祭の期日は重なることが多く、各地の祭りを一度に観賞したいというニーズを受け、今回バスツアーを企画した」と説明。許田の手水や屋部集落散策を盛り込んだ日帰りツアーとなっている。

 観光ガイドを務める赤瓦ちょーびんさんは「他地域の豊年祭が一堂に会するのは県内初。琉球王国とのつながりを示す踊りが各地に残っており、見応えある伝統芸能を楽しんでほしい」と参加を呼び掛けた。

 ツアー料金は6歳以上~大人が6980円、3~5歳が3980円、乳幼児(0~2歳)は無料となっている。いずれも税込み。定員に達し次第、締め切る。問い合わせは同社ツアー予約センター、電話050(5533)2525。