【佐久間トーマス通信員】シアトルから約29キロメートル北にあるリンウッド市。その隣町のボーテル市に、ワシントン州沖縄県人会の副会長を務める佐久間真さん一家が住んでいる。

ピアノリサイタルで佐久間かおりさん(中央)、長女カレンさん(後列右から2人目)、マヤさん(後列左から2人目)、クレアちゃん(前列左から3人目)

 真さんは毎年、新年会でエンターテインメントの司会を担当しており、副会長の職とともに県人会太鼓グループの会計も担う。

 真さんは5歳の時に沖縄を出て、一時父が米国の大学院卒業後、家族と共に帰省し那覇の寄宮中学校に2年ほど通学した。現在はマイクロソフト社の契約会社に勤めている。

 妻のかおりさんは北海道出身で娘3人と5人家族。かおりさんは東京の尚美学園のカンサーベトリー音楽校のピアノ科を卒業し、現在自宅でピアノ教室を開いている。定期的に家族や友人たちを招いてリサイタルを持っている。

 リンウッド市の教会の施設を借りて60人余りの生徒、家族友人が参加したリサイタルは盛況だった。

 2人の娘は中学生で、学校では2級特進のオーナークラスで頑張っている。沖縄にルーツを持つ子弟たちは米国市民として頑張っている。