自民党外交部会長代理の山田宏参院議員は24日、党本部で開かれた「北朝鮮による拉致問題対策本部」会合で、北朝鮮の核・ミサイル開発に対処するため「防衛のための核兵器の在り方のようなことについて勉強する。自衛のため研究すべきものは研究すべきだ」と発言した。ミサイル発射拠点を巡航ミサイルなどで攻撃する「敵基地攻撃能力」保有への検討推進も求めた。

 山田氏は発言に関し、核兵器を持つべきだとの趣旨ではないと説明した上で「日本へ核攻撃が行われそうな時、防ぐにはどうしたらいいかあらゆるオプションを研究すべきだ(との意味だ)」と共同通信の取材に答えた。(共同通信)