【近畿総体取材班】全国高校総合体育大会第13日の9日、県勢は7競技に出場した。自転車の男子ポイントレース(2万4000メートル)で、當原隼人(与勝)が5位入賞した。

 4000メートル速度競走では、成海大聖(普天間)が5分3秒780で7位に入った。久保田寛栄(北中城)は8位。スクラッチの伊藤颯馬(同)は8位だった。

 弓道団体の男子興南は、準々決勝で宮島工業(広島)に11-14で敗退。5~8位決定戦では競射の末、7位に入った。アーチェリー団体の女子宜野湾は、決勝ラウンド1回戦で大津商業(滋賀)に0-6で敗れ、8強入りを逃した。

 ソフトボール男子1回戦で、読谷は新見(岡山)を延長八回タイブレーカーの末に8-7で下し、2回戦に進んだ。

 柔道男子個人戦は3階級を行い、66キロ級の平井雅人(沖尚)と73キロ級の糸数雄斗(同)が3回戦で、60キロ級の馬場雅之(同)は1回戦でそれぞれ敗れた。

 第14日の10日、県勢は卓球など6競技に出場する。