ポイントレース(2万4000メートル)決勝で、試合の流れを冷静につかんだ當原隼人(与勝)が5位入賞を果たした。 「作戦はなかった」と振り返る。前へ出ようとする選手がいないと見るや、序盤から切れのいいアタックで先頭へ飛び出した。そのまま引っ張り続け、1回目のポイント周回を1着で通過し、5点を奪取。