10日午後4時5分ごろ、宮古島市伊良部の渡口の浜でシュノーケリングをしていた兵庫県の家族4人が流された。無職男性(72)と会社員男性(47)が心肺停止状態で搬送されたが、まもなく死亡。宮古島海上保安部によると、行方不明だった小学6年の男児(12)も約2時間後に心肺停止状態で海中で見つかったが、搬送先の病院で死亡が確認された。一緒に流された女児(8)は付近の人に救助され、生命に別条はないという。

 宮古島署や宮古島海上保安部によると、4人は当時砂浜に居た母親と祖母を含む家族6人で観光に訪れていた。祖父と父親、女児は付近の人に救助された。行方不明だった男児は海上保安庁のヘリコプターが砂浜から南約20メートル沖合に沈んでいるところを発見した。

 第11管区海上保安本部によると、当時の天候は曇りで南風5~6メートル。台風の影響で、うねりが約2メートルと強かったという。午後5時35分に満潮を迎えていた。