【名護】市稲嶺のタンヤチャー(炭焼き職人)、島袋安徳さん(65)。初めて関わったのは24歳、タンガマー(炭焼き窯)を作ったのは46歳の時というベテランだ。師匠は1922年生まれの義父、津波幸昌さん(故人)。タンガマー作りを手伝った。