秋田県が、ツキノワグマの狩猟を2008年以来9年ぶりに解禁した。県内での目撃と人的被害の件数が今年、過去最多となったためだ。捕獲に加え、人里近くにすみ着いたクマがハンターに追われ、猟銃を向けられることで、人の怖さを学ばせて被害を減らす狙いもあるという。