沖縄タイムス販売店会県連合会(前里暢哉会長)はこのほど、2018年のオリジナルカレンダーを発行した。テーマは「100年後も遺したい沖縄の風景」。県民に親しまれている景勝地や行事、文化遺産などを紹介している。

2018年のカレンダー「100年後も遺したい沖縄の風景」

 掲載内容は1月から順に、以下の通り。

 波上宮▽備瀬のフクギ並木▽闘牛▽マリユドゥの滝▽ハーリー▽慶良間諸島の海▽エイサー▽八月踊り▽塩屋湾の海神祭▽綱引き▽中村家住宅▽漫湖

 本紙の読者と新規の購読者には販売店が順次、無料で配布する。県内の主要書店などで店頭販売もしている。価格は1080円。

 問い合わせは各販売店かタイムス読者局、電話098(860)3565。

……………………………………

2018年のカレンダー「100年後も遺したい沖縄の風景」