25日午前9時20分ごろ、高齢者8人を乗せ、岩手県八幡平市の県道を走行中のワゴン車が横転したと119番があった。県警岩手署によると、60~90代の8人全員が救急搬送されたが、いずれも意識はあり、重傷者はいない。運転手にもけがはなかった。

 岩手署によると、現場は片側1車線の県道で、雪が解けてシャーベット状になっていた。車は市内のデイサービス施設に向かう途中だった。

 消防によると、雪がクッションの役割を果たし、大けがを免れたとみられる。(共同通信)