ソフトボールの男子読谷は、「魔の六回」に逆転を許し、4強入りを逃した。 3回戦で綾部(京都)に6-1で快勝し、迎えた準々決勝の佐世保西(長崎)戦。3回戦で6回1失点と好投したエース糸数昌太郎が先発した。連投にもかかわらず、伸びのある直球をテンポよく投げ込み、五回まで0を並べた。