5番石川涼が2安打3打点の活躍で勝利に貢献した。一回の先制や九回の同点打、決勝のホームインと勝負どころすべてに絡み、「今までの練習でやってきたことを結果で出せた」と満足げに振り返った。

石見智翠館-興南 9回裏興南2死一、二塁、城間楽人の左前適時打で二走・石川涼がサヨナラ勝ちを決める生還を果たす(松田興平撮影)

 試合前、「チャンスで打ちたい」と話していた。一回2死一、三塁で打席が回ってくると、しぶとく内野安打を放ち1点を先制。五回には中犠飛で2点目を挙げた。

 九回1死二塁では、「最後の打者になるかもしれない。思いっ切り打った」と、内角の真っすぐを右前へ運ぶ同点打。さらに「1本出たら必ず逆転する」と、二塁から左前打で迷わず三塁を回り、決勝のホームを踏んだ。

 堅守も光った。八回2死満塁、右前打を捕球すると、持ち前の強肩で本塁に矢のような球を返し、二走の生還を阻止し、追加点を与えなかった。

 石川は「接戦をものにできたのは良かった。次は比屋根を楽にできるよう打撃で勝ちたい」と力を込めた。(粟国祥輔)