国際人権法学会の2日目の研究報告会が26日、那覇市のタイムスホールであった。辺野古新基地建設を巡る国と県の対立を研究する行政法学者や、普天間や嘉手納の米軍基地爆音訴訟で原告の住民を支援する沖縄弁護士会の弁護士が登壇。「司法は人権を守る砦(とりで)の役割を果たしていない」などと指摘した。