八重山が2投手の継投で興南打線を2点に抑え、新チームの船出を飾った。先発右腕の新里光平は、7四球と苦しみながらも6回1失点。五回には自らのけん制悪送球などで1死二、三塁のピンチを招いたが、後続を直球で2者連続三振。「監督から気持ちで投げろと言われた。