九州電力川内原発1号機(鹿児島県)が11日に再稼働しましたが、住民避難計画に基づく訓練は実施されていません。 Q 避難計画は誰が策定するの? A 福島の原発事故後、国は避難計画の策定を義務付ける範囲を原発の半径10キロ圏から30キロ圏に広げました。