【うるま】うるま市伊計島沖で発生した米陸軍所属ヘリの墜落事故で、沖縄防衛局の井上一徳局長が13日、うるま市役所を訪れ、情報提供の遅れなどを島袋俊夫市長に謝罪した。

 島袋市長らによると、井上局長は事故発生から数時間、詳細な報告がなかったことについて「住民にご迷惑をかけたことをおわびする」と謝罪。「今回の件を受けて、連絡体制の改善につなげていきたい」と話したという。

 島袋市長は「事故の度に、情報が錯綜(さくそう)し、地元自治体が事実確認できない状況が繰り返されている」と指摘。

 「防衛局の報告を受けて始めて、市は住民に説明責任を果たせる。徹底して連絡体制を見直し、迅速で正確な情報提供をしてほしい」と強く求めた。