【宮古島】不法投棄ごみの残存量「ワースト脱却」を目指し、市が昨年度、公費を投じてごみを撤去したはずの同市城辺の崖下に、いまだに大量のごみが残されているのが発覚した。県宮古福祉保健所は10日、市とともに現場を確認。保健所の担当者は「ゼロではない」との認識を示し、同保健所は市に対し、14日までに残存量の再報告を求める事態となっている。市は撤去終了を受け4月に「ごみゼロ宣言」し、同保健所に報告しており、市の対応が適切だったかが問われそうだ。

崖下に放置されている不法投棄ごみ=宮古島市城辺保良

 問題は市議会6月定例会で、亀浜玲子市議が取り上げて明らかになった。市は2014年度、これまで難しいとされた市城辺の崖下3カ所のごみ1056トンを一般財源から約2300万円かけて撤去することにして、民間業者に委託。同年度の実績を踏まえ、4月、下地敏彦市長は「ごみゼロ宣言」をしていた。 

 撤去されたはずの場所で多くのごみが残存している事実を確認した亀浜市議らは、崖下3カ所のうち、城辺友利では「ごみを隠すための覆土の可能性もある」、城辺保良では「作業が行われたとは思えないほどの状況」などとし、いずれも撤去は可能であると指摘。市と業者間の事業執行の在り方についても不明な点が多いとして、問題視している。

 3日、亀浜市議らは撤去現場を訪ねた。城辺友利で固定された脚立と安全ロープを伝って、崖下中腹部に降りると、多くのペットボトルや古い空き缶、溶けた空き瓶や、割れた食器などが確認できた。城辺保良の海側。崖下は支えがないと立てないほどの急斜面があり、生い茂る木々の間に茶色くさびた冷蔵庫数台やトタン、掃除機のほか、空き缶、ゴミ袋に詰められたペットボトル、古タイヤなども散乱していた。

 市はこれまでに「崖下の場所が危険であり、(業者に対して)危険を冒してまで無理して撤去する必要はないと指示していた」と説明しているが、問題の発覚や同保健所の求めに応じて、再度、残存量を調査、撤去も含めて早急に対応を協議する意向を示している。