国内最大規模の国際食品商談会「沖縄大交易会2017」(主催・同実行委員会)が27日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開幕した。プレ大会から通算5回目となる今回は18の国と地域から過去最多の約490社が参加。28日までの2日間で県産品や全国の特産品を海外へ発信する。

国内外からの出展企業とバイヤーでにぎわうフリー商談会=27日午後、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター展示棟(渡辺奈々撮影)

 出展企業は43都道府県から約250社、バイヤーは18の国と地域から約240社。出展企業とバイヤーが情報交換できる専門サイトを充実させるなど、サポート体制を強化させ、成約率30%を目指す。

 オープニングセレモニーで小禄邦男実行委員長は「回を重ねるごとに多くの県産品や全国の特産品が海外展開するようになってきた。成果ある商談を祈念する」とあいさつした。翁長雄志知事(代読・富川盛武副知事)は「沖縄の地理的優位性を生かし、日本の発展のフロントランナーになるよう取り組む」と語った。