名護市辺野古の新基地建設は14日、海上作業が始まって1年を迎える。当初から運動を率い、今は病気療養中の沖縄平和運動センター議長、山城博治さん(62)が本紙の取材に答え、「国会前と連動して、安保法制と辺野古を断念させたい」と語った。悪性リンパ腫の治療は順調で、9月の現場復帰を目指すという。