2018年(平成30年) 6月22日

沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄米海兵隊の撤去求める 読谷村議会、飲酒死亡事故で抗議決議

 在沖縄米海兵隊員が飲酒運転し那覇市内で死亡事故を起こしたことを受け、読谷村議会(伊波篤議長)は28日の臨時議会で、極めて悪質な飲酒運転によって県民の尊い命が奪われたことへの抗議決議案と意見書案を全会一致で可決した。

米海兵隊による飲酒運転死亡事故に対する抗議決議案を全会一致で可決する読谷村議会=28日午後、読谷村議会

 米軍人・軍属への更なる綱紀粛正の徹底と再発防止策を講じること、在沖米軍基地の整理縮小と米海兵隊の撤去、被害者や遺族への謝罪と完全な補償を求めている。

 村内では2009年11月に米陸軍トリイ通信施設所属の米兵が村内に住む男性をひき逃げで死亡させる事件が発生。17年5月には米空軍嘉手納基地所属の2等軍曹が飲酒による追突事故を起こし、村内に住む女性に負傷を負わせて逃走する事件も起きている。

 決議と意見書は、このように県内では事件・事故が繰り返されるが、米軍が打ち出す「再発防止」「綱紀粛正」の実効性は乏しいと指摘。米軍人個人の資質や責任にとどまらない抜本的な再発防止策を求めた。

 海兵隊員の勤務が半年程度で入れ替わることによる綱紀粛正徹底の難しさや、在日米軍専用施設が県内に集中している背景を指摘。村民の生命・財産・安全・平穏な生活を守る立場から在沖米軍基地の整理縮小と米海兵隊の撤去を盛り込んだ。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間