香港訪問中の翁長雄志知事=写真左=は14日、香港貿易発展局にマーガレット・フォン総裁=同右=を訪ね、2014年8月に結んだ経済連携強化を目指す覚書について意見を交わし、今後も互いに協力していくことを確認した。

 翁長知事は「沖縄は観光、情報通信、国際物流の3産業を中心に徐々に発展してきている。香港のスピーディーな発展を参考にしたい」と述べ、意見交換の継続や、両地域の企業取引の拡大に向けた支援を要望した。

 フォン総裁は「沖縄が香港人にとって人気の観光目的地で、日本とは違う独自の魅力がある」と紹介。「香港で沖縄の食の認知度が高まってきており、これからは文化面なども含めて多様な沖縄の魅力を発信するといい」とアドバイスし、今後も協力関係の継続を確認した。

 知事は同日、県とANACargo、ヤマト運輸が共同出展している国際見本市「香港フードエキスポ2015」や、マカオにあるカジノや大型展示場が整備されたIR(統合リゾート)施設「ザ・ベネチアン・マカオ」、世界文化遺産の「マカオ歴史地区」などを視察した。