沖縄県が8月から、県内外の企業と県内の理系研究者との産学連携の仲介や支援をする事業を本格的に始めている。研究や事業化など幅広い知識を持つコーディネーターが、企業ニーズや研究シーズを把握し、両者をマッチング。研究費も補助し、最終的には特許取得や事業化を目指す。