安全保障関連法案に反対する若者グループ「SEALDs(シールズ)」の県内組織「SEALDs RYUKYU」が15日発足し、那覇市ぶんかテンブス館で設立記者会見を開いた。

シールズ設立会見をする、中心メンバーの元山仁士郎さん(右)、玉城愛さん(中央)、名嘉一心さん=15日、那覇市ぶんかテンブス館

 シールズの関連団体は東京、東北、関西に続く四つ目。琉球に所属するメンバーは現在15人。22日には宜野湾市のカフェユニゾンで「安保法制と沖縄」の勉強会を開き、23日には安保法案に反対する全国の一斉行動と連動し北谷町美浜で集会を開く。9月下旬には、翁長雄志知事が国連でスピーチするのに合わせて国民主権をアピールする集会を行う。

 中心メンバーの一人で宜野湾市出身の元山仁士郎さん(23)=国際基督教大4年は「法案成立を止められるのは主権者である私たち。もう『人ごと』をやめて声を上げましょう」と呼び掛けた。カフェでの勉強会やSNSでの情報発信にも力を注ぐと話した。

 メンバーの玉城愛さん(20)=名桜大学3年は、同グループで辺野古や高江の新基地建設にも言及したいが「基地問題を議論しようとすると、県内の若者は引いていく」と話す。まずは安保法制について勉強や議論を重ね「意見を主張しやすい雰囲気をつくっていく」と語った。