沖縄県うるま市みどり町に住む与古田徳造さん(73)が、天願川で全長1メートル5センチのオオウナギを捕獲した。与古田さんは「こんなに大きいウナギは初めて見た」と驚いている。

1メートルを超えるオオウナギを捕獲した与古田徳造さん=24日、うるま市みどり町の自宅

 発見した場所は安慶名城跡近くの天願川の中流。22日の夕方、健康のため日課のサイクリングに出掛けたところ、川で黒くてうずくまっている「謎の物体」を発見した。

 よく天願川でスッポンやフナなどを捕まえるという与古田さんは、自転車のかごに130センチの網を常備している。近づいてみるとウナギだと分かり、すぐに網を手に取り30分間の格闘の末、見事に捕まえた。自転車のかごに入れて自宅に持ち帰った。

 オオウナギは自宅の長さ90センチの水槽で元気よく泳いでいる。今後は「川に放すか育てるか、様子を見ながら家族と相談します」と目を細めた。