鳥羽(京都)は15日、京都市内の同校で調整した。フリーバッティングでは興南のエース比屋根雅也を想定し、左ピッチャーの球を打ち返すなどし、決戦に備えた。

キャッチボールで軽めに調整する鳥羽のエース・松尾大輝=同校グラウンド

 同校は、100年前の第1回大会で全国優勝を果たした京都二中の流れをくむ。伝統の堅守を受け継ぎ、2回戦の津商(三重)戦では無失策で競り勝った。この日の守備練習でも、軽快なグラブさばきを見せていた。

 梅谷成悟主将は「守備からリズムをつくり、攻撃につなげるチーム」と気合十分。「興南は初戦でサヨナラ勝ちし、粘り強い印象。走塁もうまいが、堅い守りで防ぎたい」と表情を引き締めた。

 投手陣の柱はエース右腕の松尾大輝。初戦、2回戦と完投している。「興南は手堅く1点1点を取ってくるイメージ。走者を背負っても、粘り強く最少失点に抑えていきたい」と闘志を燃やした。