県信用保証協会(宮城嗣三会長)は12月1日から、事業者向けの資金調達サービス「おきなわ短期継続サポート保証」を始める。1年ごとに金融機関と同協会へ決算書類などを提出すれば、金融機関から最長で5年間、元本返済なしで継続的に借り入れできる。同協会による保証限度額は2千万円。申し込みは来年6月まで。