国連の人権理事会特別報告者、ビクトリア・タウリ・コープスさん(62)が16日、那覇市の沖縄大学であったシンポジウム「沖縄における人権侵害-自己決定権の視座から-」で基調講演した。国連人権理事会は沖縄を「先住民」と認めていると説明。