初戦に続き、興南の我喜屋優監督が送り出す控え選手がまたも期待に応えた。

ベンチから指示を送る興南の我喜屋優監督

 「あそこで手を打たないと流れは変わらない」と2点を追う五回、二宮尚寛を代打で起用。さらに六回の守備から高良宗矩を出場させると、ともに守備だけでなく長短打を放った。

 3-3の八回、先頭で左前打を放って出塁し、勝ち越しのホームも踏んだ高良は「監督さんに使ってもらったので、期待に応えようと積極的にいった。打撃は期待されていないと思うが、2安打できてよかった」と、甲子園で初めてプレーできた喜びをかみしめていた。

 我喜屋監督は「準備している選手を使っているだけ。ベンチ入りのメンバーは、それぞれ出て当然と思えるような練習をして臨んでいる」と胸を張る。流れを引き寄せる大胆な采配から目が離せない。

(花城克俊)