「監督が、『力を抜け。お前に任す』とサインを送ってくれた。切り替えられ、雑念が振り払えた」。七回1死二、三塁でスクイズ失敗し、直後の2死三塁、レフトオーバーの三塁打を放った仲響生は、汚名返上の一振りにほっとした表情を浮かべた。

鳥羽-興南 7回裏興南2死三塁、仲響生が左越え三塁打を放ち、同点(松田興平撮影)

鳥羽-興南 7回裏興南、先頭の二宮尚寛が中越え二塁打を放つ

鳥羽-興南 7回裏興南2死三塁、仲響生が左越え三塁打を放ち、同点(松田興平撮影) 鳥羽-興南 7回裏興南、先頭の二宮尚寛が中越え二塁打を放つ

 スクイズ失敗した時、「前の打席でも凡退していて、2度もチャンスをつぶしてパニックになりかけた」。沈んだ気持ちでベンチに目を向けると、見えたのは我喜屋優監督の笑顔。気が楽になり、直後の外角直球をフルスイングした。

 「打った瞬間に長打の手応えがあったので、最初から三塁を狙うつもりで走った」と全力疾走。三塁に滑り込むとガッツポーズし、喜びを爆発させた。

 出身地の奈良県から応援に駆け付けた友人たちの前で、放ったスリーベース。「興南で成長できた姿が見せられた」と喜んだ。

(花城克俊)