水泳の第34回タイムス杯クラブ対抗大会兼第47回九州ジュニア大会県予選は16日、奥武山プールで行われた。男子11~12歳の平泳ぎ50メートルで、下里真之介(Nb沖縄)が32秒76の県学童新記録で優勝した。さらに、第1泳者を務めて優勝したリレー200メートルの自由形50メートルの28秒13も、県学童新記録だった。下里は個人メドレー200メートルも大会新記録で制し、平泳ぎ50メートル、メドレーリレー200メートルと合わせて5冠を達成した。

男子11~12歳平泳ぎ50メートルで県学童新・大会新を記録した下里真之介(Nb沖縄)=奥武山プール(渡辺奈々撮影)

 女子13~15歳背泳ぎ100メートルでは佐久本好野(アクアSA)が1分7秒36で制し、優勝したメドレーリレー200メートルで出した背泳ぎ50メートルも31秒50で、いずれも大会新記録を達成した。

 男子11~12歳自由形100メートルの佐藤優(沖縄SS前田)とバタフライ50メートルの大見碧士(Nb沖縄)、同10歳以下の山内乃碧(JSS浦添)市来政仁(沖縄SS糸満)も大会新記録を樹立した。