中谷元・防衛相は16日の翁長雄志知事との会談で在沖海兵隊の抑止力として、沖縄駐留で機動性、即応性を発揮し、一体的な運用も可能と説明した。対象国や、海兵隊が島しょ防衛にどう機能するかといった具体性はなかった。翁長氏は「今までより詳しかったが、中身は変わっていない」と指摘。