うるま市沖で訓練中の米陸軍特殊作戦航空連隊のMH60ヘリコプターが米海軍輸送艦への着艦に失敗し、墜落した事故で、沖縄県漁業協同組合長会(会長・古波蔵廣名護漁協組合長)は18日、那覇市内で開かれた通常総会で事故の再発防止などを求める抗議決議を全会一致で可決した。

米軍嘉手納基地を離陸する2機のMH60ヘリコプター=18日午後1時、同基地(読者提供)

 好漁場で起きた墜落事故に「大惨事につながりかねない」と強い危機感を示し、憤りを訴えた。関係者によると、県内全域の36漁協が加盟している組合長会が、米軍機の事故で抗議を決議するのは初めて。うるま市議会(大屋政善議長)と読谷村議会(伊波篤議長)も同日、墜落事故に対する抗議決議、意見書を全会一致で可決した。

 組合長会は決議で、墜落現場付近はパヤオ漁やイカ釣り漁などが行われている好漁場で「操業中の漁業者を直撃する大惨事につながりかねない」と指摘。度重なる墜落や部品落下に「米軍が危機管理を軽視していることの現れであり、憤りを禁じ得ない」と批判した。ヘリが訓練区域外で墜落したことに「激しい怒りをもって抗議する」とした。

 うるま市議会は臨時会を開き、抗議決議と意見書を全会一致で可決した。再発防止策が講じられるまで同型機の飛行停止や通報体制の確立、日米地位協定の抜本的見直しを求めている。

 臨時会で可決された読谷村議会の決議、意見書は原因究明と公表、再発防止策が講じられるまで同機種の飛行停止などを求めた。同議会は臨時会終了後、米陸軍トリイ通信施設を訪れて抗議した。

 沖縄県議会(喜納昌春議長)も19日の臨時会で、抗議決議、意見書を採決する。全会一致で可決される見通し。