石垣-多良間、石垣-波照間(竹富町)の両航空路線の就航に向けた検討協議会が18日、沖縄県庁であり、就航を当初予定していた10月から12月1日に変更することを決めた。運航する第一航空(大阪府)の新機体導入に伴う操縦士訓練が、台風などの悪天候で不十分なためとしている。

 第一航空の木田準一副社長は「計画の見通しが甘かった」として、川満栄長竹富町長や伊良皆光夫多良間村長に謝罪した。

 川満町長と伊良皆村長は「安全第一なので仕方ないが、12月には遅れないようにしてほしい」などと要望した。

 ダイヤはそれぞれ午前、午後の2往復が確定。運賃は、第一航空が前回提案した離島住民4400円(片道)、観光客など交流事項は7300円(同)より数百円引き下げを提示した。両町村からさらに引き下げを要望する声があったことや、採算性の検討の必要性から、引き続き議論することになった。9月中に決定する見通し。

 波照間便は2007年11月、多良間便は06年3月以来の就航になる。